スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子午線」2号、作品紹介

「子午線」2号、作品紹介

栗原洋一「岩船」「櫂ノ歌」
90年に刊行され、今も神話的に語られる詩集『吉田』で知られる孤高の詩人が、伊予風土記という逸文をモチーフに「われわれの光芒」を長歌「岩船」とその反歌「櫂ノ歌」という形で記した詩です。非常に厳しく、心底からの緊張を強いられる詩ですが、多くの人に読まれるべきだと思います。

星野守「海へ(逝く夏の)」「港へ(風の)」「晩鐘」「秋」
星野さんは98年に70年代からの詩を纏めた詩集『火は森を狂わせるのか…•』を刊行されています。巻頭に置かれた「俯瞰図」という詩の持つ抒情が80年代を経過した20年以上後の巻末の詩まで持続していることに震撼させられる詩集です。それは今回の四篇の詩でも保持されており、深い感動を覚えました。「夏」と「秋」というのは作者にとって特権的な季節であり、「火は森を〜」も「帰る夏」「夏の来る朝」の2篇のあと「最後の秋」という詩で締められています。

杉本徹「コロニアグエル──惑星日誌」
『十字公園』『ステーション・エデン』というこれまでの二冊の詩集において、現在の抒情詩の臨界点を示してきた作者による夏の詩です。緊張を孕んだ繊細さが詩の最後まで崩れることなく保たれていて、杉本さんの抒情詩に対する強い意志を感じさせられます。非常に困難なことを試みられてると思います。

山崎高裕「アリス、アリス、」「アーリー」「CYBORGANISM(賽ぼるがにずむ)」
これらは9月7日に西荻窪で行われた中尾太一、岸田将幸の現代詩文庫発刊記念朗読会で作者自身によって朗読された2篇に7年前に書かれたという「アリス、アリス、」を加えたものです。山崎さんはこの数年間、詩を発表されていませんでしたが、このような傑作を発表ぜずにいたことを読まれた方は驚くと思います。また朗読された2編の詩を読むことで先日のイベントがどのようなものであったかを僅かでも感じていただきたいです。

服部史佳「ウォーキン」「白日夢」「藍を見送る」「書き間違える賛辞」
服部さんは「現代詩手帖」の投稿欄にその詩が掲載され始めた時から気になっていたのですが、あるきっかけで入手した同人誌に掲載された「砂礫の海」という詩がとても良かったので、ご寄稿をお願いさせていただくことにしました。今回の4篇の詩ではそれぞれ異なる詩作が企図されていますので、作者によるその試みをお読みいただければと思います。

11月上旬には各所主要書店に並ぶと思いますが、「子午線」vol.2は通販の予約を受け付けています。
ご注文はこちらから→http://shigosen2011.web.fc2.com/

11月4日(月・祝)文学フリマ「エ-40」でも頒布します。よろしくお願いします。

「子午線」vol.2インタビュー・評論の内容紹介

「子午線」vol.2インタビュー・評論の内容紹介

インタビュー
大杉重男「文芸批評は不可能であり、不可避である」
さきごろ『早稲田文学』で連載を終えた憲法九条をテーマにした「日本人の条件」、鎌田哲哉さんと立ち上げた『重力』などもお聞きしました。先日、Twitterで東浩紀さんが批評とは文芸批評である云々とおっしゃていたように、その当否は別として日本思想では文芸批評が大きな役割を果たしました。大杉さんが「最後の文芸批評家」であると考え、文芸批評を考え直すきっかけになれば、とインタビューをおこないました。

安里健「プロレタリア詩人・安里ミゲル運動以前史」
武井昭夫、松本圭二や安川奈緒のほか、だめ連、貧乏臭さを守る会(現・素人の乱)、フリーター労組、NAM、日本共産党、活動家集団思想運動などに関わった安里さんに90、00年代の運動についても語ってもらいました。

評論
すが秀実「小林秀雄とマルクス主義」(一二〇枚)一挙掲載。
日本資本主義論争が戦後思想に与えた影響、小林秀雄が講座派理論からどのような影響を受けたかが考察され、「小林秀雄とマルクス」という「神話」がここで解体されます。すが秀実さんが小林秀雄を論じるのは『詩的モダニティの舞台』以来かと思います。小林秀雄の評伝が新潮で連載されていますが、いまなお小林神話が再生産されている状況で解体を目指した貴重な論考だと思います。

石川義正「文芸時評1 銀河鉄道の労働者」
早稲田文学で「小説空間のモダニティ」を連載中の石川義正さんに五大文芸誌の九月、一〇月号の時評をお願いしました。論じられる作家は小山田浩子、古川日出男、高橋源一郎などです。石川さんには半年間の文芸時評をお願いしています。また、文芸時評は積極的に読まれるべきとの考えから、webで公開、文学フリマ「エ-40」でフリーペーパーとして配布する予定です。

長濱一眞「魔法の鏡の社会への註解 アレント,アガンベン,シチュアシオニストを巡る」(200枚)。
本誌同人の長濱がハンナ・アーレントの『人間の条件』における「社会」が持つ射程の広さ、およびギー・ドゥボールの今日的な可能性について論じております。

綿野恵太「正しく飢えなくてはならない 黒田喜夫を論ずるためのノート」 前号の松本潤一郎インタビューでも議論された黒田喜夫ですが、特に八〇年代に書かれた評論集『人はなぜ詩に囚われるか』を読み直しています。通販できます。

11月上旬には各所主要書店に並ぶと思いますが、「子午線」vol.2は通販の予約を受け付けています。
ご注文はこちらから→http://shigosen2011.web.fc2.com/

11月4日(月・祝)文学フリマ「エ-40」でも頒布します。よろしくお願いします。

「子午線」vol.2刊行のお知らせ

11月上旬に「子午線」vol.2を発売します。

「子午線」vol.2


子午線2号表紙

インタビュー
大杉重男 「文芸批評は不可能であり、不可避である」
安里ミゲル 「プロレタリア詩人安里ミゲル運動以前史」

批評
絓秀実 「小林秀雄とマルクス主義」
石川義正 「文芸時評1 銀河鉄道の労働者」
綿野恵太 「正しく飢えなければならない 黒田喜夫を論ずるためのノート」
長濱一眞 「魔法の鏡の社会への註解 アレント,アガンベン,シチュアシオニストを巡る」



星野 守 海へ(逝く夏の) 港へ(風の) 晩鐘 秋
山崎高裕 アリス、アリス、 アーリー CYBORGANISM
杉本 徹 コロニアグエル──惑星日誌
服部史佳 ウォーキン 白日夢 藍を見送る 書き間違える賛辞
栗原洋一 岩船 櫂ノ歌
――B5変形判236頁,1500円

11月4日(月・祝)の文学フリマにて頒布予定。ブースはエ-40です。
公式HPでは通販の注文を受け付けております。http://shigosen2011.web.fc2.com/
ジュンク堂など一般書店に並ぶのは、11月上旬になるかと思います。
よろしくお願いいたします。

子午線vol.2は11月発売!!!


ご無沙汰しております。
子午線創刊号の取り扱い店舗が増えました。
サニーボーイブックス(東横線学芸大学駅)、ガケ書房メディアショップ(京都)にて販売しております。
ぜひ、お手にとってみてください。

そして、子午線vol.2は11月4日(月・祝)の文学フリマで販売する予定です!!!
現在、編集中です
詳しい情報はまたお知らせします!

『子午線』の通販について

『子午線』が創刊されて、半年が経とうとしています。
多くの方に手に取っていただいており、大変感謝しております。
『子午線』vol.2は11月頃刊行する予定です。もうしばらくお待ちください。

さて、今回は公式HPから通販を申し込まれた方で、まだご入金されていない方がちらほらといらっしゃいます。
購入のキャンセルならよいのですが、もしこちらの説明が足らず、ご入金をされていない場合はご注意ください。
大変恐縮ではございますが、通販は無用なトラブルを避けるために、前払いをお願いしております。
よろしくお願いいたします。

また、通販でもなくとも全国書店で購入することができますので、そちらもご利用くださいませ。
詳細はこちらからどうぞ。
プロフィール

子午線編集部

Author:子午線編集部
子午線編集部です。同人誌『子午線 原理・形態・批評』を刊行します。

お問い合わせは下記まで。shigosen2011@gmail.com

子午線ホームページ http://shigosen2011.web.fc2.com/
Twitter @shigosen2011

最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。